cloud9science

ワタクシ@yu_kuboが見てきたこと作ったもの思ったことなどのメモ置き場

石垣島でFISH ON!!

Untitled

 

長嶋祐成さんという石垣島在住の画家さんがいらっしゃいます。魚と水辺の生き物を対象に素敵な作品を描かれていらっしゃいます。

www.uonofu.com

 

東京で開催された個展に何回かお邪魔してその素敵なさまに魅せられてしまったので,石垣島まで釣りに行ってきました。ところで成田−石垣の飛行時間ですが,石垣行きは3時間55分なのに対して,成田行きは2時間55分なんですね。ジェット気流すごい。

 

Untitled

実を言うと,ルアーでの釣りは何10年も前の大学生の時のブラックバス以来です。なのでフィッシングガイドとボートとレンタルタックルをグッドループさんにお願いすることにしました。

www.goodloop.net

 

Untitled

最初はボートを1日,陸っぱり(岸からの釣り)を1日の予定だったのですが,天候のこともあって,結果的にはボートを1.5日ということになりました。大きいのを狙うこともできますが,トロピカルないろんな魚を釣りたいのでリーフ(サンゴ礁)でのライトゲームをお願いしました。水温や風の状況もあって思ってたほどは釣れなかったのですが,結果的には同じ魚がまったく釣れない,釣れたのは全部違う魚で,いろんな魚に出会うことができました。

 

IMG_E8117

こちらはミツバモチノウオ(スズキ目ベラ科)。緑色の頭部に赤い斑点模様も,胴体の白黒の横縞模様も,めっちゃかっこいい。 不満気な目つきもいい。30cmくらい。

 

Untitled

こちらはメギス(スズキ目メギス科)。区立図書館で魚類図鑑を調べても名前が分からず,Twitterで質問を投げたところ,いずもり・よう さん @yizumori に教えていただきました。

 

Untitled

こちらはマダラエソ(ヒメ目エソ科)。体のつくりはドジョウちっくだけど歯が鋭い。

 

IMG_E8116

こちらはヒトスジモチノウオ(スズキ目ベラ科)。眼の周囲の歌舞伎の隈取りっぽい模様がかっこいい。

 

IMG_E8115

こちらはハナフエフキ(スズキ目フエフキダイ科)。エラ蓋の赤い模様は,釣り上げた当初は魚が怪我をして出血したのかと思った。

 

Untitled

こちらはクマドリ(フグ目モンガラカワハギ科)。よくこんな小さな口にフックが入ったものだ。この体の模様は大阪大学・近藤滋先生の話通りのパターンになっていますね。

www.fbs-osaka-kondolabo.net

 

IMG_E8106

こちらはタテシマフエフキ(スズキ目フエフキダイ科)。ピンと張ったヒレが美しい。今回の釣行で一番大きかった個体。35cmくらい。ギュンギュン引いてくれました。

 

Untitled

こちらは私ではなくてガイド氏の釣ったシロブチハタ(スズキ目ハタ科)。

フルキャストした50mくらい先で,40cmオーバーのカマスっぽい長い魚が跳ねて,その口からルアーが飛び出すのを見送りました。あれがフックアップしてたらなー。

種名は私が図書館の魚類図鑑で調べました。もしかしたら間違っているかも。その時はコメ欄で教えてください。

 

 

 

その他の写真はこちら↓

2019-03 ishigakijima island fishing | Flickr