cloud9science

ワタクシ@yu_kuboが見てきたこと作ったもの思ったことなどのメモ置き場

チーター赤ちゃん&サーバル赤ちゃん@多摩動物公園

平日休みの1日を使って多摩動物公園に行ってきました。

www.tokyo-zoo.net

 

以前の訪問は2017年と2015年でした。

cloud999.hatenablog.jp

cloud999.hatenablog.jp

 

目的は昨年10月に生まれたチーター赤ちゃんと11月に生まれたサーバル赤ちゃん。

www.tokyo-zoo.net

www.tokyo-zoo.net

 

チーター赤ちゃんの公開は10時30分からの1時間限定。15〜20人ぐらいのグループごとに3分間入れ替え制でした。平日だったので並んでいたのは100人いませんでした。なので3分間の見学撮影の後に行列に並び直して1時間のあいだに何周もすることができました。週末だとそれは難しそうですね。

公開されているのはお母さんのデュラとオスの子ジャック,ハヤト,エビス,ロンとメスの子キク(2018年10月31日生まれ)です。

 

Untitled

Untitled

チーター赤ちゃん特有の背中のたてがみがかっこいい。これは草原の草に紛れるためのギリースーツであると,2015年の訪問の時にしんざきおにいさんに教えてもらいました。

 

Untitled

あくび&爪とぎをするデュラお母さん。はしゃぎ回る赤ちゃんたちを余裕の表情で見守っていました。

サーバル赤ちゃんの公開は13時30分からなので,その間に園内の他の場所へ。

 

Untitled

Untitled

オスのライオンの頭骨(モデル)とたてがみの毛皮(本物)。たてがみの毛は思いの外柔らかくて触りごごちがよかった。

 

Untitled

Untitled

大あくびのちすやすやなタスマニアデビル。めっちゃ可愛いい。

多摩動物公園のいいところはタスマニアデビルに会えることです。2015年に訪問した時にいたメス2頭,メイディーナ,マルジューナのうち,マルジューナは2017年に悪性腫瘍で亡くなりました。その直前にやってきたオス2頭,テイマーとダーウェントを加えて,今は3匹体制です。

www.tokyo-zoo.net

www.tokyo-zoo.net

<2019-02-08追記>

メイディーナも悪性腫瘍で亡くなったそうです。残念です。 

<追記ここまで>

 

Untitled

Untitled

 

気がついたら14時で,慌ててサーバル舎へ移動。

 

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

サーバル赤ちゃんの公開は13時30分から16時まで,公開時間が長いこともあってか自由観覧でした。 公開されているのはお母さんのユリとオスの子ニール,バズ(2018年11月28日生まれ)の3頭。2匹で取っ組み合いや追いかけっこしているのがとても可愛いい。時々お母さんにちょっかいを出して威嚇されているのも可愛いい。

 

Untitled

ユリお母さん,美人…じゃないや美猫ですねー。

 

Untitled

Untitled

チーター舎は面子が入れ替わり。オスの兄弟3頭が出ていました。どの子もガラス面に沿ってモデル立ち。鼻息がかかってガラスが曇ってた。とても凛々しい。

 

 

 

その他の写真はこちら↓

2019-01 tama zoological park | Flickr