cloud9science

ワタクシ@yu_kuboが見てきたこと作ったもの思ったことなどのメモ置き場

紀伊半島2/3周 #1 京大白浜水族館,南方熊楠記念館

Untitled

京都大学白浜水族館のモンハナシャコ。とてもきれいですが油断するとガラスを割るような超高速パンチを放ちます。

 

その秘密を研究するシャコパンチ博士の講演を聞いたのはいきもにあ2015でのことでした。

 

cloud999.hatenablog.jp

それ以前からネットを通じた交流はあったのですが直接お会いしたのはこの時が初めて。その場で白浜まで遊びに行くという約束をしたのでした。それがようやく実現の運びに。

午前のJALで羽田から南紀白浜空港へ。

 

Untitled

迎えに来ていただいたシャコパンチ博士の運転で千畳敷まで移動。お昼ご飯のマグロカツバーガー。めっちゃボリューミー。その後,瀬戸臨界実験所へ移動。

京都大学フィールド科学教育研究センター 瀬戸臨海実験所

シャコパンチ博士のラボを見学させていただきました。超高速シャコパンチの秘密を解き明かしたポスター展示や,実験に用いた道具(ダイソーで買ってきて加工したあれやこれや)を見せていただきました。そのあと,隣の白浜水族館に移動。

京都大学 白浜水族館

 

Untitled

Untitled

Untitled

なにやらジオン風のモビルスーツを思わせるシルエットのカニ。何ガニだったかメモってくるのを忘れた。

 

Untitled

Untitled

Untitled

セミエビ,食べたことないから食べてみたい。そしてこのイソギンチャクの色はGFPに由来するのだそうです。

 

Untitled

Untitled

Untitled

めっちゃスピード感のあるコバンザメの写真が撮れてしまった。水槽をスイスイ泳ぐコバンザメ見たの初めてかもしれない。各水槽には説明カードがぶら下がっていて,いろいろな小ネタが盛り込まれていました。素晴らしい。

そのあと,水族館のバックヤードも見せていただきました。ここでシャコパンチ博士が実験に使うシャコを飼っているのです。バックヤードには生きている個体の他に様々な生き物の抜け殻,骨格,なんだかよくわからないものまで山のようになっていて楽しい。

その後,ラボに戻って仕事するシャコパンチ博士と別れて私は南方熊楠記念館へ。

 

Untitled

Untitled

Untitled

南方熊楠記念館では(白浜水族館でも)ガタガール展が開催中でした。

ガタガールsp.阿比留中生物部活動レポート|月刊少年シリウス

このかっこいい剣はカジキのクチバシを加工したもの。水族館のゴミ箱に捨てられていたのを京大の学生が拾って作ったものだそうです。そういえば,水族館のバックヤードには,ものづくりの人にとっては夢のような素材がいろいろ転がっていたのでした。

 

Untitled

Untitled

Untitled

南方熊楠の業績を紹介するコーナーは撮影禁止でしたので写真はありません。記念館は山の頂上にあり,屋上展望台からの眺めが素晴らしい。

 

Untitled

白浜温泉のホテルに荷物を置いて二人でシャコパンチ博士のおすすめのお店へ。クエのあらの煮付けがめっちゃ美味い。シャコパンチ博士から動物生理学に関する面白い話をたくさん聞かせていただきました。ブルーバックスあたりで読めるようになってほしいです。ひとりで聞くのはもったいないので。

 

 

ところでシャコパンチ博士,シャコの研究はアメリカ留学から始まった研究テーマで,「僕,学位はザリガニ研究でとったんですよ」だって。知らなかった。今ではシャコに続く新しいテーマの研究も進めているそうです。そちらでも大きな成果を期待しています。 そしてどこかの公募に受かることも。

紀伊半島2/3周 #2 すさみ町立エビとカニの水族館 に続く

cloud999.hatenablog.jp

 

 

 

その他の写真はこちら↓

2018-03 shirahama aquarium and minakata kumagusu museum | Flickr