cloud9science

ワタクシ@yu_kuboが見てきたこと作ったもの思ったことなどのメモ置き場

北の大地の水族館&知床博物館 道東遠征#1

昨年の夏休みは礼文島を歩きましたが,今年の夏休みも北海道に。知床に行ってきました。

cloud999.hatenablog.jp

cloud999.hatenablog.jp

 

羽田から女満別空港へ。レンタカーで移動。まずは最初の目的地,北の大地の水族館へ。

onneyu-aq.com

 

Untitled

Untitled

滝壺水槽。最近増えてきた見上げるタイプの水槽。ソファがあったら横になってずっと見ていたい。

 

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

室内から見えるこの水槽は屋外に設置されています。なので冬になると水面が凍結し雪が積もります。冬の川と魚の様子を見ることができる。素晴らしい。

 

Untitled

Untitled

この水族館のテーマ展示と言えるのがこの水槽。1メートルクラスのイトウ数十匹が群れ泳ぐ。重量感がすごい。火曜木曜土曜には水槽に生き餌を入れるとのこと。イトウの迫力ある捕食シーン,見てみたい。婚姻色で真っ赤に染まったイトウも見てみたい。

 

Untitled

Untitled

これも面白い水槽でした。20分ごとに水位が上がったり下がったりする。水位低下に合わせてヤマメが滝登りのように上のプールに登っていく(こともある)。

 

Untitled

Untitled

ウチダザリガニ外来生物。最近の動物園水族館では必ずあるのが外来生物の展示。環境省の飼育許可書のコピーとともに展示されている。教育は動物園水族館の大事な役割のひとつ。

 

Untitled

イトウの水槽にはコイが入っているのですが,この展示も。

1時間もかからずに1周できてしまう(当然ですが2周3周しました)小さな水族館ですがとても面白かった。

 

Untitled

隣接する道の駅でザンギカレーと白い恋人ソフトクリームのあとは,川を挟んで水族館の対岸にある北きつね牧場に。

北きつね牧場|北グルメ倶楽部 / 当サイトについて

 

Untitled

二重扉をくぐって中に入ると,こんな感じであちこちにキツネが落ちている。

 

Untitled

Untitled

Untitled

ちょっとみすぼらしい感じに見えるのは,ちょうど冬毛から夏毛に生え変わるタイミングで毛がまだらになっているから。

 

Untitled

4月生まれの子ぎつね可愛い。

 

Untitled

手を伸ばすとなんだなんだと寄ってくる。餌やり禁止の看板はあるのですが,きっとルール違反の客がいて,それに慣らされているのでしょう。

 

今夜の宿は知床斜里駅前なので移動。でもまだ時間があるので近くの知床博物館へ。

知床博物館 [SHIRETOKO MUSEUM]

 

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

化石,鉱物,土器,石器から民俗資料まで。

 

Untitled

Untitled

Untitled

知床半島生物多様性ももちろん。

 

Untitled

Untitled

Untitled

博物館の裏手には高山植物園とワシ飼育舎。このオジロワシは左翼が下がっています。事故にあった個体を保護しているようです。

 

というわけで第1日は終了。

 

知床岬クルーズ&知床五湖 道東遠征#2 に続く

cloud999.hatenablog.jp

 

 

 

その他の写真はこちら↓

2017-07 yama-no-aquarium and shiretoko museum | Flickr