cloud9science

ワタクシ@yu_kuboが見てきたこと作ったもの思ったことなどのメモ置き場

川本喜八郎人形美術館,飯田市立動物園,飯田市美術博物館

川本喜八郎人形美術館で開催中の「新・三銃士」展を見に行ってきました。ついでに飯田市立動物園飯田市美術博物館にも。

 

cgi2.nhk.or.jp

www.kawamoto-iida.com

 

川本喜八郎人形美術館は,川本喜八郎が人形劇文化の根付く飯田市に,製作した人形劇 三国志の人形を寄贈したことがきっかけで建てられた美術館です。そんな美術館に2009年から2010年にNHKで放送された人形劇 新・三銃士の人形がNHKから寄贈されたことで今回の企画展が開催されました。

 

Untitled

三国志の人形は撮影禁止ですが,2階ロビーのこの諸葛孔明さんだけは撮影可です。実に凛々しい。

三国志の展示ではちょうど美術館のスタッフがおられて,様々な話を聞かせていただきました。人形の目は上下方向か左右方向のどちらかにしか動かせないので,物思いに耽る人物は上下方向,策士や悪役は左右方向になっているのだそうです。そういえば前回訪問した時にも,服装は人形の胴体に固定されているので着替えるのではなく首を差し替えている,という話を聞いたのでした。

 

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

新・三銃士展は撮影可でした。人形の頭部は樹脂製で,木目は筆で描かれているとのこと。知らなかった。人形の背景の美術セットも実際の収録に使われたもので,補修して展示しているそうです。

 

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

三国志の時代と違って,複雑な目の動きも可能になっているそうです。

 

次は飯田市動物園へ。

 

Untitled

入場無料の小さな動物園です。

 

Untitled

Untitled

Untitled

ミーアキャットの見張り台が測りになっているので体重がわかる。

 

Untitled

プラケースを揺すったり転がしたりするとおやつ(キャットフードのようだ)が出てくる。環境エンリッチメントのひとつ。

 

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

飼育員の左足の前にいる個体は他と模様が違うけど,これはこの個体が幼鳥だから。この夏には羽が生え変わって他の個体と同じ模様になるそうです。

小さいけれど楽しい動物園でした。

続いては飯田市美術博物館へ。

 

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

「スピノン」という愛称までつけてスピノサウルスをめっちゃ推してた。

 

Untitled

Untitled

古い時代の人形頭部の展示も。

 

Untitled

Untitled

Untitled

美術博物館に行く途中にあったかっこいい建物。現役の小学校でした。

 

 

 

 その他の写真はこちら↓

2017-05 iida puppet museum | Flickr

2017-05 iida zoo | Flickr