読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cloud9science

ワタクシ@yu_kuboが見てきたこと作ったもの思ったことなどのメモ置き場

リードスイッチゴマ

作ってみた

以前にも作ったリードスイッチゴマを作りなおしてみました。

www3.atwiki.jp

www3.atwiki.jp

 

IMG_4818

リードスイッチを用いてコマを加速させるしくみは,群馬理科サークルの石井信也さんのアイデアです。

 

f:id:yu-kubo:20160529104306j:plain

回路は上の画像のとおり。電池(単4アルカリ乾電池)とコイル(0.3mmエナメル線をM5×25mmボルトに200回巻き)とリードスイッチを直列に,発光LEDはコイルと平行に逆向きに入れてあります。つまりLEDが発光するのはスイッチが切れた瞬間。そもそも1.5Vでは発光しません。

 

IMG_4811

ケースは100円ショップでプラスチック製のφ9cm×6cmほどのものを購入。ヒノキ工作材と板目表紙のフレームを使って,リードスイッチとコイルは平行になるように,リードスイッチが回転台となるケースのフタのすぐ裏側中央にくるようにしてあります。フタは時計皿のように湾曲させておきます。

 

IMG_4808

コマはケニスの片面2極フェライト磁石ドーナッツ型。円盤の直径方向にNS極が向いています。これにφ3mm×30mmのラミン丸棒の片端を削って尖らせて刺しています。軸の垂直の精度が回転の安定性に大きく影響します。平らな机の上で回して確認しながら,安定して回転するように刺し直すといいでしょう。

 

IMG_4821

起動のときは指で強めに回転を与えます。フタを操作してリードスイッチの上にコマがくるようにするとグングン加速されるはずです。うまくセッティングができると,ピタッと一点に止まって回転し続けます。

注意!長時間回し続けるとコイルが加熱します。やけどに注意。ほぼ電流だだ漏れの回路です。電池はすぐに消耗します。