cloud9science

ワタクシ@yu_kuboが見てきたこと作ったもの思ったことなどのメモ置き場

富山市ガラス美術館,富岩水上ライン,環水公園 富山遠征#2

魚津埋没林博物館,ほたるいかミュージアム,魚津水族館 富山遠征#1 の続き。

cloud999.hatenablog.jp

 

翌朝は市電に乗って富山市ガラス美術館へ。

toyama-glass-art-museum.jp

 

IMG_4713

IMG_4715

1階の総合案内でチケット買って2階に上がると斜め方向の吹き抜け。すごい。 

上階の展示室から見ていくのがおすすめということなので6階のグラスアートガーデンから。ここだけが写真撮影可能です。

 

DSC09005

DSC09006

DSC09008

DSC09010

DSC09013

どれも素晴らしい作品だったのですが,地震が来たらどうなっちゃうんだろうという心配がアタマから離れませんでした。

5階のギャラリー1・2は展示替えで見ることができませんでしたが,4階から2階まで,展示室1から4までをじっくり見学しました。

歩いて富山城址公園へ。

 

IMG_4720

DSC09022

さらに歩いて富山市役所展望塔へ。

 

DSC09024

DSC09028

霞んでて北アルプスは見えませんでした。残念。

さらに歩いて富山駅北口へ。富山ライトレールの窓口で聞いたら富岩水上ラインのきっぷは売り切れとのこと。売り切れたのは委託販売分なので,直接,富岩水上ラインの窓口で購入して欲しいとのことで,富山ライトレールに乗って岩瀬浜に移動。

 

IMG_4727

岩瀬カナル会館で無事きっぷを購入することができたので,出発の時間までレンタサイクルを借りて観光へ。岩瀬は北前船の廻船問屋が並ぶ,古い町並みが残っています。国指定重要文化財北前船廻船問屋 森家へ。

www.info-toyama.com

 

DSC09036

DSC09037

DSC09041

DSC09043

館長のお話は,ちょっとくどかったけどとても面白かった。 

出航時間に合わせて岩瀬カナル会館へ。

fugan-suijo-line.jp

 

DSC09055

今回乗るのはこちらの船,fugan。昨年竣工した新しい船です。太陽電池パネル搭載,モーター駆動だそうです。

 

DSC09056

乗客は全員ライフジャケット着用。船長(操舵手),甲板員,ガイドの3人のスタッフです。岩瀬運河から富山港へ。

 

DSC09059

DSC09074

DSC09080

富山港から富岩運河へ。正面の扉は富岩運河の中央にある中島閘門。富岩運河の北半分は富山港や富山湾と同じ海面ですが,南半分は水位が高くなっているので,それをこの閘門でクリアします。現在は客船しか通過していないとのことでした。

 

DSC09084

北側の扉を閉めて南側から水の注入を始めたところはこんな感じ。それが・・・

 

DSC09087

こうなります。2.5mの上昇だそうです。

 

DSC09088

DSC09100

 

DSC09107

世界一美しいという噂のスタバ。せっかくなので入ろうと思ったのですが,すごい行列で断念。環水公園を散歩。

自然と人が調和する富山県の新しいオアシス | 富山県富岩運河環水公園

 

DSC09113

DSC09119

天門橋の2つの塔のあいだをつなぐ赤い糸電話。 

 

DSC09128

DSC09136

DSC09143

お昼を食べそびれて腹が減っていたので早めの夕食。富山駅前の廻転とやま鮨へ。

 

IMG_4743

日本酒は立山,左は富山湾の白身3種盛り,右手前は青魚3種盛り,右奥は生ホタルイカ軍艦巻き。

 

IMG_4744

右手前は地物カニミソ,右奥はキンメダイ,左は富山名産3種盛り(サクラマス,富山牛,ボイルホタルイカ)。

富山駅から北陸新幹線「かがやき」で帰路へ。

ホタルイカもシロエビもうまかった。また食べにこようっと。

 

 

 

 その他の写真はこちら↓

2016-04 toyama glass art museum, fugan canal line | Flickr - Photo Sharing!