読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cloud9science

ワタクシ@yu_kuboが見てきたこと作ったもの思ったことなどのメモ置き場

光合成色素の蛍光観察

作ってみた

以前にも作ったことのある光合成色素の蛍光を観察する箱を作りなおしてみました。

www3.atwiki.jp

www3.atwiki.jp

 

 

 

DSC08806 DSC08814

左上は光合成色素入りの色素希釈液を,右上は色素を含まない溶媒を青色LEDで照らしたところ。光合成色素が青色光を吸収して,そのエネルギーを赤色の蛍光として放出しています。

 

DSC08802

観察用の箱は板目表紙で作成。内側はつや消し黒塗装。A4から2個分取れるようにサイズは25×45×170mmにしました。上面に色素液のボトルを差し込む用の穴(φ19mm)を,下面に照明用の穴(φ17mm)を開けてあります。

前回からの改良点は,観察用の箱を組み立て式にして保管の際には潰せるようにしたことと,箱の覗き窓を大きくしてその代わりに全長を長くしたことです。色素抽出液のボトルを保管するための容器も用意しました。

 

DSC08804

照明用のLEDは100円ショップで購入。白色しか入手できなかったので,アキバで買った赤・緑・青の高輝度LEDに入れ替えました。

 

DSC08805

上写真中央は色素抽出液,左はそれを薄めた色素希釈液,右は抽出と希釈に用いた溶媒。容器は東急ハンズで購入したスクリューキャップボトル10mL。

色素抽出液は抹茶を100円ショップで購入したエナメルリムーバーに溶かしたもの。その上澄みを少し取ってエナメルリムーバーで薄めたのが色素希釈液。溶媒はエナメルリムーバーそのもの。 

エナメルリムーバーの主成分はアセトンです。光合成色素は有機溶媒によく溶けます。

 

DSC08807 DSC08816

左上が色素希釈液を,右上が溶媒を赤色LEDで照らしたところ。違いがわかりにくいのですが,左は赤色の蛍光が下から照らすビームのように見えています。

 

DSC08808 DSC08815

左上が色素希釈液を,右上が溶媒を緑色LEDで照らしたところ。左はかすかに赤い蛍光が見えていますね。

光合成の主色素であるクロロフィルaは青紫色と赤色の光を吸収しますが緑色の光は吸収しません。だから葉っぱは緑色に見える。

 

DSC08811

DSC08813

こんな感じで手前側から覗きます。

 

DSC08817

ちなみに,色素抽出液に青色LEDの光を当てると,青色光で照らしているのに赤く光ります。変な感じ。