cloud9science

ワタクシ@yu_kuboが見てきたこと作ったもの思ったことなどのメモ置き場

戦没した船と海員の資料館&神戸大学海事博物館 神戸博物館めぐり #2

竹中大工道具館UCCコーヒー博物館 神戸博物館めぐり #1 の続き。 

cloud999.hatenablog.jp

 

今回,神戸遠征を思い立ったのは,民間船舶の船員を予備自衛官に,というニュースを聞き,戦没した船と海員の資料館に行ってみたいと思ったのがきっかけです。

mainichi.jp

www.jsu.or.jp

 

前日に宿泊した三宮駅前のビジホから歩いて15分くらい。元町駅からだと歩いて5分くらいかな。

 

DSC08411

DSC08431

DSC08414

DSC08410

DSC08407

DSC08417

DSC08418

部屋の壁全面に戦没した船の写真が掲示されていました。写真がない船については船名が掲示されていました。失われた命の膨大さに言葉を失いました。

 

DSC08440

戦没した船と海員の資料館は平日のみの開館です。

 

 

 

歩いてポートタワーへ。元町駅でお昼食べたら阪神電車で移動。

 

IMG_4300

神戸大学海事博物館へ。こちらは月水金の午後だけ開館で,さらに訪問のハードルが高い。企画展「大戦中の日本商船 船員の姿」が開催されていました。

 

IMG_4301

DSC08453

DSC08461

DSC08452

3つの大きなテーブルに並べられているのは神戸高等商船学校卒業生の戦没者名簿。卒業年度と殉職した日付,船名,戦没場所が書かれていました。 

 

 

 

この日,訪問した2つの博物館を見てあらためてよくわかったのは,当時の日本政府や軍にはまともに戦争を遂行する能力がまるでなかったことでした。知識として知ってはいたことですが,それがありありと実感できました。 

 

 

 

その他の写真はこちら↓

2016-02 war memorial maritime museum & maritime museum of kobe university | Flickr - Photo Sharing!