読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cloud9science

ワタクシ@yu_kuboが見てきたこと作ったもの思ったことなどのメモ置き場

男鹿水族館GAO&秋田大学鉱業博物館 寝台特急「あけぼの」で行く水族館ツアー第2日

見てきた

江戸人展&日本住血吸虫展@科博 寝台特急「あけぼの」で行く水族館ツアー第1日の続き。



久しぶりの夜行列車で熟睡とはいえずうつらうつらという感じ。
次回は耳栓とエアクッション枕を用意しよう。
6:38着の秋田駅で下車。

DSC00748
上野を出たときの機関車EF64 1000番台(青色)は長岡駅でEF81(赤色)に交換されています。

DSC00751
名古屋はすでに梅雨入りしてて,じめじめした1週間を過ごしたのですが,秋田は素晴らしい快晴。

駅構内のはなまるうどんで朝ご飯。
そのあとレンタカーで男鹿水族館GAOへ。
秋田中央ICから高速を使って1時間20分ほどで到着しました。



DSC00754

DSC00762

DSC00767

DSC00832

DSC00833
背景の山は水族館の外。
うまく活かしていますね。

DSC00851

DSC00864

DSC00871

DSC00876
ホッキョクグマの豪太がプールに飛び込んだ瞬間。
お客さんから大歓声があがっておりました。

DSC00878
おお!涼しそーと思ったのですが・・・

DSC00891
雌のクルミとこぐまのミルクの飼育室には人工降雪機が。

DSC00889

DSC00939
ミルクはおおはしゃぎで雪を掘ったり雪球を食べたり。

DSC00897

DSC00898

DSC00909

DSC00907
しょっつるは魚から作る秋田伝統の調味料魚醤の一種です。

DSC00912
スーパーマリオブラザーズ・・・

DSC00803
GAOには触れる剥製がたくさん設置されていました。

DSC00810

DSC00817

DSC00819

DSC00818
ゴマフアザラシのみなさんはサービス精神旺盛なようでカメラを構えていると次々にやってきてポーズを取ってくれました。

DSC00916
時間が来たので再び豪太のところへ。
飼育員があちこちにエサを隠しているところ。

DSC00921
飼育員が下がってゲートが上がって再び豪太登場。
さっそくプールにダイブして底に沈んだ魚を拾い上げかぶりつく。

DSC00932
丸太をひっくり返して果物を見つけたところ。

DSC00944
私の昼ごはんはしょっつる焼きそばにしました。

13時過ぎにGAOを離脱して次の目的地へ。
秋田市内へ戻って秋田大学鉱業博物館へ。



DSC00948
と,その途中でババヘラに遭遇。

DSC00946
さっそく頼んでみました。
アイスというよりはシャーベットのような感じ。
甘さ控えめでさっぱりした感じが美味しかった。



その後,秋田大学鉱業博物館に到着。

DSC00949

DSC00955
円筒形の建物の中心には一等重力点。

DSC00957
それを取り巻く二重らせん階段。

DSC00961
1階展示室は鉱物と鉱石。

DSC00963
白色光でこう見える鉱物を・・・

DSC00962
ブラックライトで見るとこうなります。

DSC00985
2階は岩石と化石。

DSC00991
サヌカイトの石琴。

DSC00996

DSC01000

DSC01007
3階は鉱山と採鉱技術。

DSC01016

DSC01020
摩滅したドリルビット。

基礎知識がないので十分に楽しめなかったのが残念。
詳しい人と一緒ならもっと楽しめたのかなーと思った。
サイエンスボランティアによる館内案内(要予約・無料)があるとのことなので次回は利用したい。



DSC01023
そんなわけで翌日の目的地,鶴岡に移動。
@yamagatamyclus さんと合流。
美味しい魚をいただきました。



加茂水族館 寝台特急「あけぼの」で行く水族館ツアー第3日に続く。

あわせて読みたい
 江戸人展&日本住血吸虫展@科博 寝台特急「あけぼの」で行く水族館ツアー第1日 - cloud9science
 加茂水族館 寝台特急「あけぼの」で行く水族館ツアー第3日 - cloud9science

その他の写真はこちら
 2013-06 oga aquarium GAO - a set on Flickr
 2013-06 mining museum of akita university - a set on Flickr