cloud9science

ワタクシ@yu_kuboが見てきたこと作ったもの思ったことなどのメモ置き場

ハーブの里フィッシングエリアでもone cast, one fish !

R0015373
安曇追分駅のホームから見たJacob's Ladder

長野県北安曇郡池田町のハーブの里フィッシングエリアに行ってきました。



R0015345
名古屋から特急しなので松本へ。

R0015372
大糸線に乗り換えて安曇追分(あずみおいわけ)まで。
安曇追分って名前がかっこいい。
ここから歩いて30分。

R0015386
現地到着は12時なので午後券3100円を購入。
私「ここってテンカラもできますよね?」
釣り場スタッフ(以下ス)「もちろん!好きなだけ釣っちゃって下さい!」
私「テンカラができる管理釣り場と聞いたので遊びに来ました」
ス「どこから?」
私「名古屋です」
ス「車で?」
私「電車で。安曇追分から歩いて来ました」
ス「そうなの!じゃあ帰りは駅まで送ってあげるよ」
私「ありがとうございます。じゃ帰りはお願いします」

ちなみに私のタックルは以下のとおり

ロッド:シマノ渓峰テンカラSX RT36
ライン:トヨフロンLハード4号3.5m+2.5号1m
ティペット:TROUT HUNTER Nylon 5X 50cm

ラインとライン,ラインとティペットの結束はすべてサージャントノット。
フライはいつものフォームインジケーターのアントパラシュート各色#14,#16と前回から登場のピーコックハールを使ったテレストリアルパラシュート#12。



R0015370
水質はクリアで,泳いでいるマスがうじゃうじゃ見えます。
第一投目からヒット。
25cmのニジマス
3回連続でニジマスをあげたところで相手をよく見て選ぶ釣りに。
40cmくらいのブラウンに狙いを定める。
目標の斜め後ろにフライを落とすと見事にヒット。
ところがこいつが重いのなんの。
真っ直ぐ沖に向かって泳ぎだし,竿を手元からひん曲げてティペットをぶっちぎってノンストップで去って行きました。
ここのブラウンのコンディションはとてもいいようです。

R0015371
別個体ですが同サイズのブラウンでリベンジ。



あとで聞いたところでは
ス「うちはブラウン多いよ!3割は入ってる」
その言葉の通り,30cmオーバーのブラウントラウトが連続ヒットしたことも。

R0015377
30cmオーバーのアマゴも釣れました。

R0015385

R0015378

R0015379
どの個体もヒレがぴんと伸びて美しい。

雨が降ったりやんだりしたおかげか一日中ドライフライで楽しむことができました。
ニジマスはいくらでも釣れてしまうので,狙いはブラウンとアマゴ。
イワナもいるとのことでしたが今回は釣れず。
魚の姿を確認してのサイトフィッシングは実に楽しい。



テンカラ竿をもって訪問した管理釣り場の記録
 美濃フィッシングエリア - cloud9science
 フィッシング母袋(もたい) - cloud9science
 グリーンパーク不忘でone cast, one fish - cloud9science