読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cloud9science

ワタクシ@yu_kuboが見てきたこと作ったもの思ったことなどのメモ置き場

コガタブチサンショウウオの卵のう展示@アクア・トトぎふ

見てきた いきもの

DSC05942
コガタブチサンショウウオの卵のう。見ているとくるりと回転します。



水族館の中の人 @min_hynobius さんから案内を頂いて,1月に続いて再び行ってきました>アクア・トトぎふ

コガタブチサンショウウオの卵のうを展示しているということで見に行ってきました。

コガタブチサンショウウオは地下水の流れる地中で孵化する特殊な生態をしているのでなかなか見ることができないそうです。
で,今,日本の水族館でコガタブチの卵のうを見られるのはここだけ。
こんなチャンスはありません。みなさんもぜひ!

朝一のお忙しいところを呼び出して少しお話させていただきました。
「実は素通りされちゃうことが多くて・・・」
場所がまずいのかもしれません。
入口を入って最初のコーナーを曲がった視線の先にはカピバラがいて,その左手前にコガタブチの展示水槽が。
小さい子どもはまずカピバラに惹きつけられちゃいますもんね。

DSC05940

DSC05948

DSC05945

DSC05944
でもでも,こんな感じで興味深くのぞき込んでいた親子もたくさんいましたよ。
ところでコガタ・ブチ・サンショウウオ? それともコガ・タブチ・サンショウウオ

DSC05947
こちらは同時に展示されてるタゴガエルのオタマジャクシ。後肢が生えてきていました。



DSC05976

DSC05979

DSC05980
3階にもうひとつ卵のうの展示が。
こちらはモリアオガエル
あわあわ卵のうの下では小さなオタマジャクシがうようよ泳いでました。



DSC06022

DSC06031

DSC06034

DSC06035
今日も朝一で駆けつけたのですがそれはバックヤードツアーに参加するため。
集合時間の11時の5分前に集合場所に行ったのですが誰もおらず。
11時を過ぎても誰も来ず。どうやら置いていかれたようです。
仕方がないので通りかかったスタッフに事情を話したところ,中に入れていただき,すでに進行中のバックヤードツアーに加えていただきました。
聞けなかった前半は,ツアー解散後にマンツーマンで見せていただきました。



DSC06078

DSC06079

DSC06081
こちらはハリヨの展示水槽前。飼育員解説です。
おお!っと思ったのが,飼育員さんが手にしたiPad
内容自体は掲示されているものと同じで,それを必要に応じて切り替えたり拡大表示したり。
動画を利用したりインタラクティブ化するなどしてもっと活用できるのではないでしょうか。
クイズの画面を用意してその場でタッチして答えてもらうとかすると面白いのでは。
タッチした選択肢によってその先の反応が変わると面白そうです。
今後に期待したいです。



DSC06055

DSC06062

DSC06142

DSC05974
アクア・トトぎふでいいなーと思うのが,上部が解放された水槽がたくさんあること。
これは管理の上では大変なことも多いのだと思いますが,匂いを感じたり,横から上から思い思いに眺めたりすることができて嬉しいです。



DSC06007

DSC06013

DSC06094

DSC06122

DSC06136

DSC06156

DSC06157



その他,撮影した写真はこちら> 2012-06 Aqua Totto Gifu - a set on Flickr