cloud9science

ワタクシ@yu_kuboが見てきたこと作ったもの思ったことなどのメモ置き場

絶滅動物研究所@名古屋市科学館

名古屋出張の寄り道で名古屋市科学館に行ってきました。特別展の絶滅動物研究所を見てきました。

 

www.ctv.co.jp

 

Untitled

Untitled

ケナガマンモスは系統樹的にはアフリカゾウよりもずっとアジアゾウに近いのですね。アフリカゾウが分岐した後にアジアゾウから分岐している。そういえば,シベリアで凍結保存されてる精子が見つかったらアジアゾウの卵細胞を使って1/2マンモスを作り,次はそれを使って3/4マンモスを作り・・・を繰り返してほぼ100%マンモスを作る,なんて話をどこかで読んだことを思い出した。

 

Untitled

Untitled

こちらは絶滅鳥類のドードー不思議の国のアリス仕掛け絵本と一緒に展示。

 

Untitled

こちらはオオウミガラス。本来はこちらの種がペンギンと呼ばれていたのだそうです。

 

Untitled

Untitled

トキは,中国産のものを導入して人工繁殖させ,個体数を増やしての野生復帰計画が着々と進んでいますね。

 

Untitled

絶滅したニホンカワウソの剥製。水族館で見るコツメカワウソやユーラシアカワウソと比べるととてもブサイクに見える。この標本の問題なのかニホンカワウソはこういうものなのか,どっちなんでしょね。

 

Untitled

Untitled

絶滅寸前のところをなんとか回避して順調に個体数が回復しているオキノタユウ(アホウドリ)。このデコイは新繁殖地を作るため,若い個体を呼び寄せるために設置されていたもの。

デコイNo22 - Wikipedia

 

Untitled

Untitled

Untitled

展示の後半は東山動物園にいる絶滅危惧種の紹介でした。キリンの頚椎は哺乳類と同じ7個ですが第1胸椎が動いて第8頚椎として首の働きをしているという最新研究の話が展示されていました。

 

 

 

その他の写真はこちら↓

2019-07 extinct animal labo | Flickr

 

 

 

カミロボ

出張帰りに寄り道。アトレ秋葉原で開催のカミロボの展示を見に行ってきました。

www.kami-robo.com

 

カミロボ安居智博さんが作る,さまざまな紙素材でできたロボットです。

www.kami-robo.com

twitter.com

 

Twitterのタイムラインに流れてきた作品が素晴らしくてずっと本物を見てみたかったのですが,念願の実物を見るチャンスをようやく得ることができました。

 

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

すごい。かっこいい。

安居さんのTwitterをフォローするとタイムラインに素敵な作品が流れてきます。

 

 

次は はるきる さんの作品を見たいです。

 

 

 

石垣島フィッシング再び

3月に石垣島で釣りをしてきました。

cloud999.hatenablog.jp

 

そして6月。毎週の出張でマイルがたくさんたまっているのでそれを消化すべく再び石垣島に行ってきました(バニラエアはANAのマイルで特典航空券が取れるのですね。ピーチアビエーションはダメだそうですが)。真鍮板で作った自作スプーンを試してみたいというのもありました。

cloud999.hatenablog.jp

cloud999.hatenablog.jp

 

Untitled

水平線に白く見えるのは浜島。砂浜だけの島。石垣島小浜島ちゅらさん!)の間にある。小浜島の北側のサンゴ礁に到着して自作スプーンをつけて投げると・・・

 

Untitled

なんと一投目から連れてしまいました。シロブチハタ(スズキ目ハタ科)のようです。3月には連れなかったハタ科の魚が釣れて嬉しい。写真を撮って針を外してリリース。

 

Untitled

続いての二投目も釣れてしまった。こちらはアミメフエダイスズキ目フエダイ科)。背側が#模様で腹側が=模様なのが面白い。

 

Untitled

さすがに三投目は釣れませんでしたが,それでも3月の時よりはよく釣れました。こちらはカンモンハタ(スズキ目ハタ科)。図鑑には,斑点模様が2〜3個つながるとの解説があってなるほどこれかと思った。ハタ科の魚は外見がよく似ていて判断が難しい。 

 

Untitled

こちらはニジハタ(スズキ目ハタ科)。尾びれの白い斜め線が面白い。何か意味があるのかな。

 

Untitled

こちらはキツネフエフキ(スズキ目フエフキダイ科)かな。口吻が長いので変な顔に見える。

 

Untitled

こちらはタテシマフエフキ(スズキ目フエフキダイ科)のようです。この顔つきは好きだな。

 

Untitled

こちらはイソフエフキ(スズキ目フエダイ科)でしょうか。何冊も図鑑を開いてみたのですがフエダイ科も判断が難しい。

 

Untitled

3月にも釣れたミツバモチノウオ(スズキ目ベラ科)がまた釣れました。深緑色に蛍光ピンクの模様の面構えがめっちゃかっこいい。これは嬉しい再会でした。

 

Untitled

石垣島竹富島小浜島の周囲のリーフをまわったのですが,場所によって水の色が随分違う。 

 

Untitled

持って行ったカメラは防水なので水中に突っ込んで撮影してみた。青いサンゴ(上写真の右下側)が目立ってた。

 

Untitled

40センチくらいのカスミアジを掛けたのですがボートまで寄せてあと少しでネットインというところで痛恨のロスト。惜しかった。青いヒレがきれいだった。

それと1メートルくらいのエイがゆったり泳いでくるのを見ました。優雅だった。

 

 

 

その他の写真はこちら↓

2019-06 ishigakijima island fishing | Flickr

 

 

 

Flight of Dreams

松山空港で見たボンバルディアCRJに乗りたいなと思って,仙台→セントレアの IBEX便の航空券を取りました。仙台で遊んでそのまま名古屋出張へ,という目論見。ところが前日に機材繰りができないので欠航しますという連絡が。午前中は水族館に行って午後の便で飛んで夜は仕事,の予定だったのですが,振替え便(こちらは当然CRJではなくてB737)はお昼ちょうどなので水族館に行けなくなってしまいました。その代わり,セントレアへの到着が3時間早くなったので,ボーイングB787初号機を展示した施設であるFlight of Dreamsに行ってきました。

 

flightofdreams.jp

 

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

1階と4階は有料エリア。2階と3階はレストレンやフードコート。

これから建設するLCC用の新ターミナルはここを通った先に建設されるそうです。

 

<2019-06-29追記>

これから建設ではなくてすでに建設中でした。新ターミナルのオープンは2019年9月20日(金)だそうです。

第2ターミナル 9月20日オープン! | セントレア

<追記ここまで>

 

 

 

真鍮板でルアースプーン再び

東急ハンズから会員限定10%オフクーポンが届きました。それを利用して再び真鍮板でルアーのスプーンを作ってみました。

 

cloud999.hatenablog.jp

 

前回は2mm厚でしたが今回は1mm厚で。それと東急ハンズの工房カットサービスを利用して一部省力化しました。100×200mmを12×70mm5枚と20×100mm5枚にカットしてもらいました。後は前回同様にノコギリで自力で切断。さらに螺鈿細工のコーナーでメキシコ貝のシートを見つけたのでこれも購入しました。セメダインスーパーXで真鍮に接着後に透明マニキュア重ね塗りで補強しました。メキシコ貝のシートを貼る前に青やピンクのマニキュアで下塗りしておくと,その色が透けて見えるのもいい。出来上がりはこんな感じ。5〜6gになりました。いかがでしょうか。

 

IMG_8218

IMG_8215

IMG_8216

釣れるといいな。

 

 

 

cloud999.hatenablog.jp

 

 

 

むろと廃校水族館

私のタイムラインで話題の水族館,むろと廃校水族館に行ってきました。

higashi-kochi.jp

 

高知龍馬空港からレンタカーで2時間くらい。めちゃめちゃど田舎なのですが,ものすごい人出で,ちょっとびっくり。あちこち寄り道したので土曜日の12時ちょっと前に到着したのですが,駐車場はほぼ満車でした。

 

Untitled

写真右下の行列はブリ刺身定食500円を求める人たちです。1階の受付でチケットを購入したら2階へ。建物の2階に水槽が展示されています。

 

Untitled

Untitled

手洗い場がタッチプールに。ピチピチ伊勢海老がたくさん。

 

Untitled

Untitled

Untitled

2階は普通教室を改装しているようです。

 

Untitled

Untitled

2階から3階に上がったところ。この剥製集団は室戸市内の廃校や個人宅にあったもの。遠洋漁業が盛んだった時代に外国で購入したものが含まれているそうです。

 

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

3階は特別教室。家庭科室と理科室と理科準備室と図書室。図書室に飾られているのはミンククジラの骨格標本。理科の教科書だけでなく,館内あちこちに他教科の教科書も展示されていました。

 

Untitled

アコーディオンの他に,鉄琴,木琴,オルガン,ドラムが音の出る状態で廊下に出してありました。子供達がてんでに音を出すのでとても賑やか。いいね。

 

Untitled

むろと廃校水族館の一番の目玉展示がこちら,屋外大水槽,元25メートルプール。 

 

Untitled

ジョーズっぽく背びれを出して泳ぐアカシュモクザメ。そういえばシュモクザメ骨格標本は理科準備室に展示されていましたね。

 

Untitled

どこを見ているのかよくわからない目つきのヨシキリザメ。

 

Untitled

Untitled

Untitled

よく晴れた屋外プールということもあって,サバの背中の模様がとても鮮やか。Twitterに投げた写真は思いの外広がったようです。

 

 

Untitled

Untitled

Untitled

サバも美しかったのですがそれ以上に美しいなと思ったのがこちらのシイラ。背中に散らばる瑠璃色の星も,蛍光グリーンの胸ビレ先端も,どちらもピカピカに輝いています。 

3時間ほどの滞在で何周もしました。展示されているのは地元,室戸で取れた普通種が多いです(珍しいのが採れたと漁師さんが持ち込んでくるものも)。しかし,元学校という素材を活かした面白い展示になっていました。そして25メートルプール。これはいい。とてもいい。ゆっくりのんびり眺められるようなデッキチェアとビーチパラソルが欲しい。自販機から100円くらいで魚の餌を買って投げられるようになるともっと面白いのでは。自分の推しの魚を決めて,それに向かって餌を投げるけど他の魚に横取りされて熱くなってしまう,なんてことを想像しました。ウェーダーを着てプールを歩いてみよう,という有料イベントをやったら面白いのでは(水深的に大丈夫であれば)。

とても満足した訪問でしたがちょっと残念に思ったことも書いておきましょう。館内には飼育スタッフの姿がほとんど見えませんでした。なので展示を見て浮かんだ疑問を聞くことができませんでした。事前想定を超える来客への対応に追われているようです。そこは飼育スタッフではなくてボランティアスタッフの活用を考える必要があるのかもしれません。ガイドツアーやバックヤードツアーなど(有料でも無料でも)の実施もこれからの検討課題のように思いました。

とはいえとても面白い,おすすめの水族館であることは間違いないです。また訪問したいです。

 

 

 

その他の写真はこちら↓

2014-04 muroto scoolhouse aquarium | Flickr

 

 

 

Untitled

Untitled

今回の訪問は高知空港でレンタカーを借りての訪問でした。ルート途中のキラメッセ室戸鯨館と室戸世界ジオパークセンターも訪問しました。

muroto-kujirakan.com

www.muroto-geo.jp

 

 

 

これまでに訪問した小さい水族館の訪問記録はこちら↓

cloud999.hatenablog.jp

cloud999.hatenablog.jp

cloud999.hatenablog.jp

cloud999.hatenablog.jp

 

 

 

真鍮板でルアースプーン

先月,石垣島でルアーフィッシングをしてきたのですが,ガイド氏が言うには沖縄の珊瑚礁の海ではスプーンが一番よく釣れるのだそうです。

cloud999.hatenablog.jp

 

そして沖縄で抜群の人気を誇るルアーが蛙スプーンです。

kaeru-spoon.main.jp

 

スプーンなら作れそうに思えたので,作ってみることにしました。材料は厚さ2mmの真鍮板。東急ハンズの人に,真鍮ならカッターナイフで切れるとそそのかされてチャレンジしてみましたが,切れることは切れるけどかなり大変。やはり金属ノコギリの方がまだ楽(とはいえ,まだまだ大変)。次はカットサービスを利用しようと思いました。

ノコギリで切断後にヤスリで周囲を削って形を整え,ドリルで穴を開け,再びヤスリで削って形を修正。バイスで固定し,力を加えて曲げました。塗装したら完成です。塗装は100円ショップのラメ入りマニキュアを利用しました。浴槽で泳がせてみましたが,ヒラヒラといい感じに泳いでくれます。

 

IMG_8169

左側2個は参考にした市販のもの(プロビア ジグスプーン14g)。右側4個が今回作ったもの。サイズは70×12mm,重量は12gになりました。

 

IMG_8168

左側2個は参考にした市販のもの(蛙スプーン14g)。右側4個は今回作ったもの。サイズは60×15mm,重量は11gになりました。

さてさて釣れるでしょうか。

 

 

 

大哺乳類展2@国立科学博物館

国立科学博物館で開催中の大哺乳類展2に行ってきました。3月は時間があるので平日に行ってきたのですが思いの外混んでてびっくり。よく考えたら学校は春休みだからですね。この分だと週末の混雑はどうなっちゃうんでしょうね。

mammal-2.jp

 

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

展示の前半は骨格標本オンパレード。その中で一番いいなと思ったのがこちら。ブラックバック(鯨偶蹄目ウシ科)の跳躍のシーン。ジャンプの直前に歩幅を詰めて背骨を曲げ,ジャンプの瞬間に前脚を体に沿わせ後脚を後ろに伸ばして背骨はまっすぐになる。その動きを表しています。

 

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

展示の中盤は怒涛の剥製標本オンパレード。フェネック(食肉目イヌ科)のポーズがあざとい。

 

Untitled

天井から吊るされたマッコウクジラ(鯨偶蹄目マッコウクジラ科)。裏側に回ってみると・・・

 

Untitled

先日のわぁわぁ会で長崎大学の小林駿さんから聞いた通りの赤白シマシマの構造。ここは鼻孔で発生させた音波を絞って目標に収束させる指向性に関わる部分だそうです。

 

Untitled

Untitled

Untitled

触れる剥製標本,触れるクジラヒゲ,触れるイッカクユニコーンが用意されていました。

 

Untitled

Untitled

カバ(鯨偶蹄目カバ科)の上顎と下顎の噛み合わせを見る。オリックス(鯨偶蹄目ウシ科)のツノは骨があるので生え替わらない。シカ(鯨偶蹄目シカ科)のツノは骨はないので春になると抜け落ちる。

特別展の後は日本館の企画展へ。「天皇陛下の御研究と皇居の生きものたち」へ。

 

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

話題になった皇居のタヌキに関する展示も。この種子はタヌキの貯め糞から抽出したもの。無線テレメトリーもやっていたのですね。 

長い間,改修工事でお休みだったシアター36◯も再開されていたので見学。新作の「深海」を見ました。JAMSTECの撮影した駿河湾の海底1000mと沖縄トラフの海底1500mの紹介でした。

 

 

 

 その他の写真はこちら↓

2019-03 exhibition mammals | Flickr

 

 

 

博物ふぇすてぃばる!6に出展します

博物ふぇすてぃばる!6に出展者として出ることになりました。

www.hakubutufes.info

 

いきもにあ2018と同じく,触角カチューシャを紹介します。開催日は7月20日(土)と21日(日)です。場所は前回と同じく科学技術館です。例年通りだと土曜日は午後3時頃まで,日曜日は午前中までとても混雑するそうです。ゆったり会場を回りたいなら,どうしても手に入れたい逸品がないのなら,土曜日は3時以降に,日曜日は午後に訪問するのがよさそうです。

 

cloud999.hatenablog.jp

 

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

モデルは由冰(ゆひ)さんにお願いしました。

触角カチューシャと一緒に,モデルになった昆虫標本と,それを観察する用の顕微鏡も用意します。DNA二重らせん携帯ストラップその他の小ネタも用意します。ぜひ遊びに来てください。お待ちしています。 

 

<2019-06-08追記>

 ブースの場所が決まりました。H-33です。入り口から入って最後の部屋です。

Hフロア - 博物ふぇすてぃばる!

<追記ここまで>

 

 

 

石垣島でFISH ON!!

Untitled

 

長嶋祐成さんという石垣島在住の画家さんがいらっしゃいます。魚と水辺の生き物を対象に素敵な作品を描かれていらっしゃいます。

www.uonofu.com

 

東京で開催された個展に何回かお邪魔してその素敵なさまに魅せられてしまったので,石垣島まで釣りに行ってきました。ところで成田−石垣の飛行時間ですが,石垣行きは3時間55分なのに対して,成田行きは2時間55分なんですね。ジェット気流すごい。

 

Untitled

実を言うと,ルアーでの釣りは何10年も前の大学生の時のブラックバス以来です。なのでフィッシングガイドとボートとレンタルタックルをグッドループさんにお願いすることにしました。

www.goodloop.net

 

Untitled

最初はボートを1日,陸っぱり(岸からの釣り)を1日の予定だったのですが,天候のこともあって,結果的にはボートを1.5日ということになりました。大きいのを狙うこともできますが,トロピカルないろんな魚を釣りたいのでリーフ(サンゴ礁)でのライトゲームをお願いしました。水温や風の状況もあって思ってたほどは釣れなかったのですが,結果的には同じ魚がまったく釣れない,釣れたのは全部違う魚で,いろんな魚に出会うことができました。

 

IMG_E8117

こちらはミツバモチノウオ(スズキ目ベラ科)。緑色の頭部に赤い斑点模様も,胴体の白黒の横縞模様も,めっちゃかっこいい。 不満気な目つきもいい。30cmくらい。

 

Untitled

こちらはメギス(スズキ目メギス科)。区立図書館で魚類図鑑を調べても名前が分からず,Twitterで質問を投げたところ,いずもり・よう さん @yizumori に教えていただきました。

 

Untitled

こちらはマダラエソ(ヒメ目エソ科)。体のつくりはドジョウちっくだけど歯が鋭い。

 

IMG_E8116

こちらはヒトスジモチノウオ(スズキ目ベラ科)。眼の周囲の歌舞伎の隈取りっぽい模様がかっこいい。

 

IMG_E8115

こちらはハナフエフキ(スズキ目フエフキダイ科)。エラ蓋の赤い模様は,釣り上げた当初は魚が怪我をして出血したのかと思った。

 

Untitled

こちらはクマドリ(フグ目モンガラカワハギ科)。よくこんな小さな口にフックが入ったものだ。この体の模様は大阪大学・近藤滋先生の話通りのパターンになっていますね。

www.fbs-osaka-kondolabo.net

 

IMG_E8106

こちらはタテシマフエフキ(スズキ目フエフキダイ科)。ピンと張ったヒレが美しい。今回の釣行で一番大きかった個体。35cmくらい。ギュンギュン引いてくれました。

 

Untitled

こちらは私ではなくてガイド氏の釣ったシロブチハタ(スズキ目ハタ科)。

フルキャストした50mくらい先で,40cmオーバーのカマスっぽい長い魚が跳ねて,その口からルアーが飛び出すのを見送りました。あれがフックアップしてたらなー。

種名は私が図書館の魚類図鑑で調べました。もしかしたら間違っているかも。その時はコメ欄で教えてください。

 

 

 

その他の写真はこちら↓

2019-03 ishigakijima island fishing | Flickr