cloud9science

ワタクシ@yu_kuboが見てきたこと作ったもの思ったことなどのメモ置き場

VF-25F

東京スカイツリーソラマチ8Fにある千葉工業大学スカイツリータウンキャンパスまでリアルスケールのVF-25Fを見に行ってきました。オープンは10:30〜18:00で入場は無料です。

 

実物大マクロスF 『バルキリー VF-25F』 | 千葉工業大学東京スカイツリータウン®キャンパス

 

IMG_7611

IMG_7609

IMG_7610

IMG_7613

かっこいいねぇ。もっと広いところで,後ろ側も再現したのを見てみたいなぁ。

 

 

 

ならまち糞虫館

以前にタイムラインで見かけて気になっていた昆虫博物館,ならまち糞虫館を訪問しました。

hunchu.jimdo.com

 

新幹線を京都駅で乗り換えて奈良駅へ。ホテルに荷物を置いてレンタサイクルを借りて移動。ならまち糞虫館は近鉄奈良駅から自転車で5分,歩いて10分くらい。ただし場所がわかりにくい。「えっここを入るの?」という細い路地を入った先にあります。

 

Untitled

奈良と言えばルリセンチコガネ(オオセンチコガネのルリ型)。

 

Untitled

Untitled

オオセンチコガネには赤型と緑型もあります。でも同じ種。

 

Untitled

カブトムシっぽいのと

 

Untitled

クワガタっぽいのと

 

Untitled

シカっぽいのと。いろんなのがいるんですね。知らなかった。

 

Untitled

こちらはユニコーン

 

Untitled

そして三日月

 

Untitled

個人的な好みでいうとこういう頭がギザギザになっている,これぞフンコロガシって感じのが好きです。前肢のギザギザもかっこいい。

 

なぜ奈良なのかというと,奈良市内には鹿がたくさんいて,それらが落とし物をたくさん落とします。それを処理しようとする糞虫が個体数も種数もとても多いのだとか。奈良公園奈良県),金華山宮城県),宮島(広島県)は日本の三大糞虫の聖地なんだそうです。というわけで,ならまち糞虫館見学の後は奈良公園へ。

 

Untitled

Untitled

Untitled

ところがところが,奈良公園を3時間も歩き回ったのですが,糞虫は1頭も見つけられず。うーん。なんでだろ。これはリベンジだな。

 

おまけ

ならまち糞虫館の前に時間があったので,奈良町からくりおもちゃ館にも寄り道。

karakuri-omochakan.jimdo.com

 

Untitled

Untitled

 

 

 

その他の写真はこちら↓

2018-10 naramachi dung beetle gallery | Flickr

 

 

 

きのこ展@筑波実験植物園

筑波実験植物園で開催中のきのこ展に行ってきました。

www.tbg.kahaku.go.jp

 

きのこのことはよくわからないのでとりあえず写真を。まずは常設展示「植物園のきのこの仲間」

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

 

多目的温室では野生きのこ,栽培きのこ展示。

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

触ったり匂いを嗅いだりできます。

 

13時からは園内きのこ案内にも参加してみました。参加してみたのですが参加者が100人以上いて,収拾つかない状態になっていました。予定外の事態らしい。

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

 

その他,温室の花も載せておきましょう。

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

 

Untitled

こういうよく知らないものを見に行くのなら,詳しい人と一緒に行くとめっちゃ楽しいだろうな,といういつもの感想を持つなど。めちゃめちゃ暑くて熱中症になりかけた。

 

<2018-10-08追記>

園内で見た動物の写真も上げておきますね。

Untitled

Untitled

Untitled

<追記ここまで>

 

 

その他の写真はこちら↓

2018-10 tsukuba botanical garden | Flickr

 

 

 

台風接近の成田国際空港

 台風が接近ということで荒れ模様の飛行機写真を撮ろうと成田空港に行ってきました。結果から言うとやや期待はずれ。

 

Untitled

Untitled

Untitled

派手なコントレールを期待していたのですがこれくらい。それはそれとして4発エンジン機はかっこいいですね。

 

Untitled

B747が見られたのもよかった。

 

Untitled

3発エンジンのMD-11が見られるのを期待していたのですが,FedExB777ばっかりでした。残念。

 

Untitled

Untitled

ちょっと驚いたのがボンバルディアDash8の国際便が飛んでいたこと。帰宅後に調べたらオーロラ航空のウラジオストック便でした。

 

Untitled

Untitled

雲高が低いので離陸するとすぐに雲の中に消えていく。

3時くらいにポツポツ降り始めたので離脱(つまりそれまでは曇ってたけど降らなかったのだ)。

 

 

その他の写真はこちら↓

2018-09 narita international airport | Flickr

 

 

 

ナメクジ捜査網サイエンスカフェ

京都大学の宇高先生のクラウドファンディングに参加しました。

academist-cf.com

twitter.com

 

その参加者特典のひとつ,サイエンスカフェに参加してきましたのでそのまとめ。

 

 

知ることの多い,とても面白い興味深い時間でした。宇高先生,ありがとうございました。

 

 

<2018-09-24追記>

宇高先生のこの記事↓ めちゃめちゃ面白いのでぜひ読んでみてください。

academist-cf.com

<追記ここまで>

 

 

ロイコクロリディウム@目黒寄生虫館

世界唯一の寄生虫専門博物館,目黒寄生虫館で,有名なカタツムリの寄生虫,ロイコクロリディウム(通称ロイ子)の展示と説明会があるということで見に行ってきました。

 

 オカモノアラガイの眼に入って動く芋虫状のアレが1匹だと思ってた。解剖すると中に128匹=2の7乗匹のロイ子の幼虫が入っているんだって。オカモノアラガイの内臓は消化管がわずかに残っているくらいでその他の器官は穴だらけのズタボロだそうです。そんな状態でよく動いてるなカタツムリ。

ロイ子がオカモノアラガイを操って鳥に食べられやすくしている,と言われていますが,実際に自然環境で鳥に食べられたところを観察された例はないのだそうです。また芋虫のふりをして鳥の食欲を誘っているという根拠も今のところないらしい。鳥にしたって芋虫状になった眼だけ食べるんじゃなくてカタツムリごと食べちゃうだろうし(オカモノアラガイは1cmくらいの小さいカタツムリです)。まだまだ研究の余地はたくさんありそうです。

 

<2018-08-04追記>

という指摘をいただきました。ありがとうございます。現地で質問すればよかった。

<追記ここまで >

 

 

 

砂金採り@湯之奥金山博物館

山梨県身延町の湯之奥金山博物館に行ってきました。目的は砂金採り体験。

www.town.minobu.lg.jp

 

展示見学と砂金採り体験の共通券が1100円,砂金採り体験だけなら700円です。共通券でひととおり見学して砂金採りもして,帰りの電車まで時間があったからもう一度砂金採りしました(1800円コース)。直径30cmくらいのプラスチックのお皿(パンニング皿といいます)で砂をすくい,皿を揺することで比重の差を利用して砂金を沈ませ,軽い砂を流し落とす作業を繰り返すと砂金が皿に残ります。今回は2分の1皿くらいの確率で砂金が入っていました。3粒同時ひとつの皿に入っていることも。面白かった。

 

IMG_7401

現地で写真を撮るのを忘れてたから,帰宅後の成果の写真だけです。粒の大きさは1mmくらい。

 

 

 

ブラジル先住民の椅子展@東京都庭園美術館

Twitterのタイムラインに流れてきて気になったブラジル先住民の椅子展を見に,東京都庭園美術館に行ってきました。

 

IMG_7389

IMG_7390

IMG_7393

IMG_7394

IMG_7395

新館の展示では,人をダメにするクッションに寝そべることができました。これはいいな。

 

その後は博物ふぇすてぃばるに移動して散財。 

 

 

 

深堀隆介展@平塚市美術館

平塚市美術館で開催中の深堀隆介展 平成しんちう屋を見に行ってきました。

www.city.hiratsuka.kanagawa.jp

 

f:id:yu-kubo:20180713193244p:plain

深堀隆介 - Google 検索

 

透明アクリル樹脂を使った有名な作品の他に平面の絵画作品や木と紙で作られた人物像や3mくらいある大きな金魚のモデルの展示もありました。そして透明アクリル作品は年代順に並べられていて,その進化の歴史をたどることができます。

ほとんどは撮影禁止でしたが最後の部屋の作品だけ撮影可でした。

 

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

手を伸ばしたくなるその気持ち,とてもよくわかる。 

 

 

 

触角カチューシャ第4弾

あれを作ろう!と思いついた瞬間はとても楽しい。

どうやって形にしようかとあれこれ考える時間も楽しい。

実際に作業が始まると少しめんどくさい。

それが形になると誰かに自慢したい。

 

というわけで触角カチューシャをまたまた作ってしまいました(厳密に言うと触角じゃないのもある)。

 

IMG_7303

こちらはホソハリカメムシの幼虫がモデル。

 

IMG_7299

ミヤマクワガタのエゾ型がモデル。調べたらミヤマクワガタにはエゾ型,サト型,フジ型と3タイプあるそうです。私が子供の頃にいとこの兄ちゃんと取りに行ったのはサト型かな。

 

DSC07364

IMG_7300

昆虫じゃないけど同じ節足動物だしいいかと思ってバージェスモンスター,アノマロカリスを作ってみた。目玉もつけてみたよ。

 

DSC07374

IMG_7302

こちらはウミサソリアクチラムス。2015年夏の国立科学博物館の特別展「生命大躍進」で印象的な展示がありましたね。

 

IMG_4466

IMG_7304

そしてそして。ついに節足動物を飛び出して哺乳類を作ってしまいました。こちらは北極海を泳ぐユニコーンイッカク。 40cmの長さがありますがバルサ材で作ってあるのでそんなに重さを感じることはありません。

 

 

 

これまでに作ったのは,クロヤマアリ,ヒアリ,アルゼンチンアリ,ズアカオオアリ,ルリボシカミキリと・・・

cloud999.hatenablog.jp

アカツノカニムシ,ロイコクロリディウムと・・・

cloud999.hatenablog.jp

オオスズメバチ,チャマダラヒゲナガゾウムシです。

cloud999.hatenablog.jp